×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


紅茶の話
トップページへ
紅茶のおいしい入れ方、世界の紅茶ブランド等様々な紅茶の話をご紹介します。
ご案内
紅茶の基本
紅茶のブランド
紅茶の種類
紅茶レシピ
紅茶アクセサリー

紅茶の基本
ゴールデンルール
英国式ゴールデンルールとは、イギリスで古くから伝え継がれてきた、色・香り・味の3つを満たした紅茶の正しい入れ方のことをいいます。
ゆっくりとていねいにいれた紅茶は、格別の味わいです。


ゴールデンルール基本事項
  1. 品質のよい茶葉を使う
    古くなった葉は紅茶が黒ずんでしまったり、味や香りも落ちるので新鮮な葉を使います。また、嗜好や用途にあった茶葉を選びます。


  2. ティーポットで入れる
    ティーポットは、しっかりと茶葉を蒸らすためには欠かせないものです。形や大きさは、茶葉がよく対流するように、大き目の丸い形がベストです。茶葉を浸透させるにはお湯の温度が重要になります。茶葉を入れる前に、ポットはあらかじめ熱湯を入れてあたためておきます。


  3. 茶葉の分量を正確に計る
    葉はティースプーンやメジャースプーンで正確に計ります。カップ一杯に対して茶葉はティースプーン1杯(約3g)が基本です。ただし、茶葉の等級によって分量も変わってきます。


  4. くみたての水を沸騰直後に使う
    空気をたくさん含んだくみたての水(水道水)を沸騰させ、すぐにティーポットに注ぎます。くみおきした水、二度沸かしの湯、鉄分の多いミネラルウォーターは、空気が抜けているので紅茶には不向きです。ポットの中で葉をよくジャンピング(上下運動すること)させるためには、空気をたくさん含んだくみたての水を使用することと、沸騰直後の熱湯をそそぐことが大切なポイントになります。


  5. 蒸らし時間を計る
    蒸らし時間は、茶葉の等級によって違います。また、蒸らしている間は冷めないよう、ティーコージーをかぶせて保温します。
おもな茶葉のタイプと葉の適量および浸出時間の目安
  葉の適量(ティースプーン) 浸出時間
OP
(オレンジペコー)
山盛り一杯(3g) 3分以上
BOP
(ブロークンオレンジペコー)
中盛り一杯(2.5g〜3g) 2分半〜3分
D
(ダスト)
小盛り一杯(2〜2.5g) 2分〜2分半
CTC
(製法)
小盛り一杯(2〜2.5g) 2分半〜3分